田辺三菱製薬 ヘルスケア製品サイトTOP

食事療法をもっと楽しく

ごぼうのヨーグルト和え

発酵食品で消化をサポート
ごぼうのヨーグルト和え

過敏性腸症候群(IBS)の便秘型を改善するために腸の調子を整えるなら、発酵食品と食物繊維をしっかりと摂取しましょう。ヨーグルトや味噌などの発酵食品には乳酸菌が含まれており、整腸作用が期待できます。また、食物繊維が豊富にあると有用菌が増えやすくなり、腸内環境がよりよくなります。

きのこと雑穀のおこわ
  • IBS便秘型
  • 春が旬
  • (1)ごぼうはせん切りにしてゆでる。にんじんはせん切りにする。かいわれだいこんは根をとる。
  • (2)ボウルに ★を入れてよく混ぜる。
  • (3)(2)によく水気をきった(1)を入れて和え、皿に盛る。
ポイント
おいしく仕上げるには、野菜の水気をしっかりととるのがポイント!味噌は甘みのある白味噌を使っても。お好みで味噌を選んでみてください。

志水あい

執筆者プロフィール

【健康ライター、管理栄養士】

志水あい(しみずあい)

管理栄養士として健康づくりに役立つ情報発信をしたいと考え、健康ライターになる。主にWEBサイトや書籍などで、健康・育児関連の記事を執筆。栄養素のはたらきを重視したレシピづくりも行っている。忙しいときでも手軽につくれる簡単レシピが得意分野。最近は、食べ物をもっと深く知るために作物の育て方などを勉強中。

管理栄養士が
おすすめする
IBS症状別レシピ

発酵食品で腸内環境を改善納豆チーズ生春巻き

  • IBS便秘型
  • 夏が旬

きのこと雑穀で食物繊維を補給きのこと雑穀のおこわ

  • IBS便秘型
  • 秋が旬

発酵食品で消化をサポート豚肉の味噌粕漬け

  • IBS便秘型
  • 冬が旬

胃腸にやさしい夜食でよい睡眠を和風エッグスラット

  • IBS便秘型
  • 夜食におすすめ