虫刺されの症状・治療法【症例画像】

虫刺されとは

  • 虫刺されとは、吸血性の蚊、ブヨ、ダニ、ノミや、身体に毒を持ったハチ、毛虫、ムカデ、クモなどに刺されて起きる皮膚炎のことで、医学的には「虫刺症(ちゅうししょう)」といいます。
  • 虫に刺されることで、虫の毒液や、虫の唾液成分などの異物が皮膚の中に侵入し、皮膚に炎症が起きます。
  • 虫によって生じる皮膚炎の多くは、異物に対する生体の防御反応であり、その発症機序から刺激性とアレルギー性に分けることができます。
  • 虫刺されによるアレルギーには、刺された直後から症状が出る「即時型反応」と、翌日などしばらく後に症状が出る「遅延型反応」があります。
  • 即時型反応によるかゆみや発赤、腫れは数時間程度で治まります。遅延型反応によるかゆみや発赤、ブツブツは数日から1週間程度で軽快します。
  • 注入された毒液の種類や量、アレルギー反応の有無、年齢や体質によって、症状の程度には個人差があります。

原因

  • 吸血性の蚊、ブヨ、ダニ、ノミに刺される、毒針を持つハチに刺される、毒毛を持つ毛虫に触れる、あるいは毒牙を持つムカデ、クモに噛まれることによって炎症が起き、痛みやかゆみ、赤みや腫れ、ブツブツ、水ぶくれなどの症状が出ます。

症状

最も身近な虫刺されが、この蚊によるものです。蚊に刺されると、直後から急激なかゆみを感じ、赤く盛り上がりのある発疹(膨疹)が出ます。症状の多くは数時間程度で、痕を残さず自然に治ります。ただし、症状の程度には個人差があり、水ぶくれができたり、症状が数日続いたりすることもあります。

ハチ

ハチに刺されると、ハチ毒の刺激作用によって、直後から激しい痛みと赤い腫れが出ます。初めて刺された時は、それほどひどい症状にはいたりませんが、何度か刺されてハチの毒にアレルギー反応ができてしまうと、症状が強く出たり、稀にアナフィラキシーショックを起こしたりすることもあり、危険です。ハチに刺された後、気分が悪くなった時は、ただちに受診が必要です。

ブヨ(ブユ・ブト)

ブヨは蚊に似た虫ですが、刺されると半日~1日後に徐々に激しいかゆみと赤い腫れが現れます。蚊と違って、皮膚を噛んで出てきた血液を吸うため、赤い出血点や内出血ができることがあります。蚊に比べてかゆみや腫れの症状が強く、しこりが残ることもあります。

ダニ(イエダニ)

室内で刺されるダニのほとんどはイエダニで、吸血のために刺します。腹部や太ももの内側、脇の下、二の腕など、衣服で隠れている部分が刺されやすく、赤く、かゆみの強い小さなしこりがたくさんできます。しつこいかゆみが数日~1週間以上続くこともあります。

毛虫

毒毛を持つ蛾の幼虫に触れることで、激しい痛みとかゆみを伴う小さな赤いブツブツがたくさんできます。患部を掻くと、肌に刺さった毒針毛をさらにこすりつけることになり、蕁麻疹のように症状が広がります。

ムカデ

ムカデに刺されると、毒液の成分によって刺された直後から激痛が生じます。患部が痺れ、赤く腫れてきます。ムカデの毒に対する強いアレルギー反応が出た場合は、アナフィラキシーショックを起こすことがあるので、体調に異変を感じたら医療機関をすぐに受診してください。

クモ

カバキコマチグモやセアカコケグモなどの毒を持つクモに刺されると、毒液の刺激により、痛みや腫れなどの症状が出ます。症状の程度には個人差があり、数日で治癒するケースもありますが、毒性の強いセアカコケグモに刺された場合は、全身症状が出ることもあるので注意が必要です。体調に異変を感じたら、医療機関をすぐに受診してください。

ノミ

ペットに寄生しているネコノミが、吸血のために人を刺すことがあります。ノミに刺されると、1~2日後に強いかゆみと赤い発疹が現れます。ネコを飼ったことがなく、ネコノミに刺されたことがない人ほど、かゆみ症状が激しく、水ぶくれができることもあります。水ぶくれができてしまった時は、二次感染による悪化や痕残りを防ぐために、適切な治療が必要です。

ブユによる虫刺され

チャドクガ(毛虫)による虫刺され


症例画像を鮮明にする

※ボタンを押下することで症例画像が切り替わります。

対策・予防法

  • 何かに刺されたら、患部をこすらず冷水で洗い、よく冷やします。毛虫に刺された時は、こすると肌に残った毒毛を広げてしまうことがあるので、粘着テープなどで毒毛を取り除いてから、石鹸とシャワーで洗い流しましょう。
  • 蚊による虫刺されなど、軽症であれば鎮痒成分を配合した外用剤でもよいですが、かゆみや赤みが強い場合は、ステロイド外用剤による治療が必要です。
  • 特に、ブユや毛虫、ムカデやハチなどによる虫刺されは、かゆみが強く、症状が長引きます。掻き壊してしまうと、細菌による二次感染を起こしたり、痕が残ったりすることがあるので、掻き壊す前に充分な強さのステロイド外用剤を使って、しっかり炎症を抑えるのが、早くきれいに治すための近道です。
  • OTC医薬品を5〜6日間使用しても症状が改善しない場合、あるいは患部に水ぶくれができる、灼熱感や強い痛み、全身に蕁麻疹(じんましん)が出る、などの症状が現れた場合は、医療機関を受診してください。
  • 虫刺されを予防するには、まずは虫に刺されない工夫が必要です。室内での被害を防ぐためには、定期的に掃除する、燻煙剤を活用するなどして、ダニやノミの発生を防ぎましょう。野外活動をする時には、注意すべき虫などの情報を収集し危険を避ける、虫よけグッズを活用する、レジャーや肌の露出を少なくするなど、虫に刺されないように万全の体制を整えましょう。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

関連記事

\他にも読まれている関連記事をご紹介/

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ