顔がかゆい、湿疹やぶつぶつの原因と対処・治療法

「乾燥しているわけでもないのに顔がかゆい」「突然顔にぶつぶつができてしまった」「顔にかぶれたような湿疹ができてしまった」こんな経験がある方も多いのではないでしょうか?

かゆみや湿疹にはさまざまな原因が考えられますが、悪化してかき壊すと顔に痕が残ってしまうこともあるので、きちんと対処することが大切です。
顔のかゆみや湿疹が出たときの原因について解説します。

考えられる皮膚トラブル

化粧かぶれ

化粧品に含まれる成分によるアレルギー症状で、使用した箇所と一致してかゆくなり、だんだん赤くなり、小さなブツブツや水ぶくれができたりします。

汗かぶれ

汗をかくことでふやけた皮ふと衣類や下着が接触し、こすれ合うことで汗にかぶれた状態となったり、汗に含まれる塩分やアンモニアが肌を刺激し、皮ふがあれたりするトラブルです。
こうした汗による接触皮膚炎は、もともとバリア機能が低下している人に起こりやすいとされています。

「あせも」と間違いやすい“汗によるかぶれ”

汗をよくかく部位にブツブツができると「あせも」ができたと思われがちですが、汗が刺激となってかいてしまい、炎症を起こしたものは「汗によるかぶれ」で、本来の「あせも」とは異なる疾患です。

虫刺され

吸血性の蚊、ノミ、ブユ、ダニや、毒をもったハチ、アブ、クモ、毒蛾、毛虫などに刺されることで、皮膚に炎症を起こします。

アトピー性皮膚炎

左右対称にひじやひざの内側にできるのが特徴です。ひどくなると全身に広がります。
年齢(乳児期、幼小児期・学童期、思春期・成人期)によってできやすい部位や症状が変化します。多くは思春期前に軽快しますが、10~20%は成人後も継続します。
乳児期では頬にジュクジュクした発疹がでて顔全体に広がり、さらに体や手足にも広がります。
年齢とともに慢性化して、皮膚が厚くなり、粗くカサカサになった状態になります。強いかゆみを伴います。
季節的には、夏にジュクジュクし、冬は乾燥してカサカサする傾向があります。

みずいぼ

“丸くてツルっとした、あわ粒くらいのやわらかいブツブツができて、徐々に増えて広がります。
1~6才の乳幼児に多く見られ、感染力が強い疾患です。

光沢がある直径1〜5mmくらいの皮膚と同じ色のブツブツが全身に多くできます。ブツブツの真ん中はえくぼのようにへこんでいます。
ブツブツはつぶすと、白いかゆ状のものがでて治ります。できたものがほかの皮膚に付着すると伝染し、またブツブツができてどんどん増えていきます。”


※ステロイド外用剤対象外の疾患です。専門医の治療が必要です

顔・耳・目の周りの皮膚トラブルの対処・治療法

かゆい、赤い、ブツブツといった症状はすべて炎症です。炎症を抑えるためには、保湿クリームやかゆみ止めではなく、ステロイド外用剤を使用して治療することが大切です。

顔だからといって、ランクを下げる必要はありません。ランクが低すぎるステロイド剤を使用すると、かえって治療が長引いてしまうこともあるので、年齢に合わせた強さのステロイド剤を選びましょう。

治療にあたっての注意

  • 顔の皮膚は薄いので、1週間で改善しない場合や症状が悪化したときは、炎症ではない別の疾患や原因が除去できていないことが考えられるので、その場合はお医者さんの診察を受けましょう。
  • まぶたや目の周りに使用する場合は、眼圧が上がったり、緑内障を起こすことがあるのでお医者さんに相談しましょう
  • ニキビや口唇ヘルペスなど、感染症の場合はステロイドの免疫抑制作用でかえって悪化する場合があるので、お医者さんの診察を受けましょう。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

関連記事

\他にも読まれている関連記事をご紹介/

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ