“医療基準”のヒフノコト情報

春だけじゃない? 花粉がかゆみ・湿疹を引き起こす「花粉皮膚炎」の治療法

この記事でわかること

    • 特定の季節に顔がかゆくなる…。その原因は、花粉にあるのかも
    • かかりやすい人は? 悪化するとどうなる? 花粉皮膚炎の基本情報
    • 花粉症の薬は効く? 花粉皮膚炎を抑える市販薬の選び方
    • 毎年悩まされているなら、日頃の対策と早めの治療を心がけよう

毎年、同じ季節に顔がかゆくなったり、湿疹ができたり……。その症状、実は「花粉皮膚炎」かもしれません。
花粉によるアレルギー症状が、くしゃみや鼻水ではなく皮膚疾患として現れてしまうこの皮膚炎。スギ花粉に限らないさまざまな原因や、適切な薬の選び方などをまとめました。

特定の季節に顔がかゆくなる…。その原因は、花粉にあるのかも

特定の季節に顔がかゆくなる…。その原因は、花粉にあるのかも

ある時期になると顔の肌荒れやかゆみ、あるいは目の周りのむくみなどに悩まされるという方は少なくありません。特に、スギ花粉が飛散し始める2月ごろに多く見られるこれらの症状は、花粉によって引き起こされている可能性があります。

花粉が原因となる代表的なアレルギー症状と言えば、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなど。いわゆる「花粉症」の症状ですが、実は皮膚に影響を及ぼして目の周りやほほ、鼻、口の周りなどがかゆくなったり、赤くなってガサガサに荒れたりといった症状を引き起こすこともあるのです。これが「花粉皮膚炎」。
スギ花粉の時期によく見られるのは前述のとおりですが、ヒノキやブタクサなどの花粉に反応する場合もあります。

毎年、同じ時期に症状が出たり、花粉の飛散量が多い年に症状が重くなったりするようなら、花粉皮膚炎の可能性も考慮しましょう。

かかりやすい人は?-悪化するとどうなる?-花粉皮膚炎の基本情報

かかりやすい人は? 悪化するとどうなる? 花粉皮膚炎の基本情報

子どもの頃アトピー性皮膚炎だったり、もともと湿疹が出やすい体質の人は、花粉によるアレルギー症状が皮膚に現れやすいと言われています。かゆいからと言って力任せにかいてしまうと皮膚のバリア機能が壊れ、乾燥しやすくなるほか、刺激によって炎症が引き起こされるなど、さらに悪化する場合も。

特に、目の周りのように皮膚が薄い箇所は敏感です。こすればすぐに赤くガサガサに荒れてしまうので、できる限り触らないようにしましょう。

また、花粉皮膚炎を放っておくと、湿疹の範囲が広がる可能性が高まります。早くキレイに治したいなら、速やかな治療を心がけてください。

花粉皮膚炎を抑える市販薬の選び方

花粉症の薬は効く? 花粉皮膚炎を抑える市販薬の選び方

花粉皮膚炎の症状は、花粉にさらされがちな顔に出やすいもの。治療の際は顔の湿疹と同様、ステロイド外用薬が効果的です。

頬、口や首周りなどに広がるかゆみも、早く治療すれば4〜5日程度でおさまるので、十分な強さのお薬を完全に治るまで塗りましょう。
ただし、1週間以上経っても症状が改善されないなら赤ら顔とポツポツが出る「酒さ」など他の疾患も考えられるので、皮膚科を受診するようにしてください。

毎年悩まされているなら、日頃の対策と早めの治療を心がけよう

花粉が気になる時期は、外出から帰ったら顔を洗い、付着した花粉を落とすことも心がけて。ただし、石けんを使ってゴシゴシこすると刺激が強すぎて肌荒れに繋がるので、やさしく洗い流すのがおすすめです。

花粉皮膚炎は毎年のように繰り返す厄介な疾患ですが、見方を変えれば症状が現れる時期を推測できるとも言えます。症状が現れる前に抗ヒスタミン薬の服用やマスクの着用を行えば症状を軽くできるので、前もって準備しておくと良いでしょう。

花粉皮膚炎日頃の対策と早めの治療

photo

池袋駅前のだ皮膚科 野田真史 先生

2020.03.30

小学生から高校生の時期、重いアトピー性皮膚炎に悩まされた経験から皮膚科医を志す。
2007年、東京大学医学部医学科を卒業。2014年、東京大学大学院医学系研究科卒業、医学博士を取得。
ニューヨーク州医師免許を取得し、ロックフェラー大学で診療・研究を行う。
2016年、東京大学医学部付属病院 皮膚科助教。2018年に池袋駅前のだ皮膚科を開院し、さまざまな皮膚トラブルの解決に努めている。

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます