かゆみを抑える方法は?つらいかゆみの原因と対処法


皮膚のかゆみは日常的に遭遇しやすい皮膚トラブルです。かゆみが起こる原因は、皮膚の病気やアレルギー、乾燥肌などさまざまで、症状の出方にも個人差があります。掻いてはいけないと分かっていても、ついつい掻いてしまい、さらにかゆくなるといった悪循環に陥ることも…。今回は、つらいかゆみ症状を抑える方法やかゆみが現れる原因、正しい対処法を解説します。

皮膚の構造とかゆみの原因・メカニズム

つらいかゆみ症状は、どのようにして発生するのか、皮膚の構造からかゆみの原因やメカニズムを説明します。

なぜかゆくなるの?かゆみのメカニズム

「かゆみ」とは、身体を守る防衛反応の一つです。皮膚の表面や内部に異物が侵入してきた時に、身体はかゆみという感覚を使ってSOSを知らせたり、異物を取り除こうとしたりします。かゆみを感じる知覚神経線維は、表皮近くの真皮に張り巡らされており、皮膚に何らかの異常が発生すると、周辺にかゆみ物質であるヒスタミンなどが大量に分泌され、知覚神経がそれらの物質をキャッチすることで強烈なかゆみを感じます。

このかゆみを感じるメカニズムは、乾燥肌(ドライスキン)などの皮膚のバリア機能が低下している状態では、より敏感となり、そしてかゆみも強く感じます。かゆみの知覚神経も表皮近くまで伸びてくるため、少しの刺激に対しても、皮膚が過剰に反応してかゆみを感じます。

掻くとかゆみは悪化する

かゆいところを掻くと、一時的にすっきりしてかゆみがおさまるように感じます。しかし、かゆみがおさまるように感じるのはごくわずかな時間だけで、その後は、掻くことで知覚神経をさらに刺激し、前よりも赤みがひどくなったり、かゆみが増強したりします。「かゆいところを掻いたら、よけいにかゆくなってしまった」という経験は、誰しもあるのではないでしょうか。掻くとよけいにかゆくなる悪循環に陥るばかりか、皮膚に傷ができるなどして悪化してしまうため、掻かないように注意しましょう。

かゆみの症状が出る疾患

かゆみは、乾いた空気に晒された後や日焼け後など、皮膚が一時的に乾燥して起こる場合もありますが、何らかの皮膚の疾患が原因で起こることもあります。ここではかゆみ症状を伴う代表的な疾患を解説します。

乾皮症(かんぴしょう)

皮膚が乾燥した状態が続いて患部がゴワゴワし、さらに白いフケのような皮膚片がぽろぽろと剥がれ落ちる状態です。極度の乾燥によって皮膚の知覚神経が敏感となり、かゆみが生じます。

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)

接触皮膚炎(接触性皮膚炎とも呼ばれます)とは、いわゆる「かぶれ」のことです。洗剤や薬剤などの刺激性物質が原因でおきる「刺激性接触皮膚炎」と、特定の物質に対するアレルギー反応によっておきる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。原因物質が触れていた部分だけに、かゆみ、赤み、ブツブツなどの症状が出るのが特徴です。

蕁麻疹(じんましん)

皮膚に突然赤い膨疹(ぼうしん:皮膚の盛り上がり)が現れる病気です。膨疹の大きさや数はさまざまで、かゆみやほてりを伴うことがあります。多くは原因不明ですが、アレルゲンが特定できることもあります。

皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)

赤みやブツブツなどの目立った症状がないのに、かゆみが続く病気です。全身にかゆみが出る場合や、外陰部、肛門周囲など身体の一部にだけかゆみが現れる場合もあります。

虫刺症(ちゅうししょう)

いわゆる「虫刺され」のことです。虫に刺されることで、虫の毒液や唾液成分などの異物が皮膚の中に侵入し、炎症が起きます。

アトピー性皮膚炎

アトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を持つ人に生じる湿疹です。ひじやひざの内側に左右対称に症状が出る特徴があり、よくなったり悪くなったりを繰り返します。

かゆみを抑える方法

かゆみがある場合は、掻かないようにして、すぐに患部を冷やします。皮膚の温度を下げることでかゆみの知覚神経の興奮が収まり、かゆみが和らぎます。冷やす時は、冷たい水で濡らしたタオルや、氷・保冷剤などをタオルにくるんだものを患部に当てましょう。また、冷たいシャワーを患部に当てるのもよいでしょう。ただし、冷やし過ぎると皮膚に刺激を与えてしまうため、冷やし過ぎないように注意してください。

皮膚の乾燥が主体で症状が出ている場合は、保湿剤を塗って保湿することでかゆみが治まることがあります。ただし、赤みを伴ってかゆい時は、皮膚に炎症が起きているサインです。充分な強さのステロイド外用剤を塗って炎症を抑え、かゆみを鎮めましょう。

かゆみで病院に行く目安

かゆみが強い、掻くのを我慢できない、かゆみが何日も続いている、かゆい部位が広がっている時は病院を受診しましょう。また、原因がはっきりしないかゆみや、何度もかゆみ症状を繰り返す場合も病院を受診し、医師に相談してください。ステロイド外用剤を5~6日間使用してもかゆみが治まらない、悪化している場合も受診が必要です。

かゆみの予防法

かゆみの原因が虫刺されやかぶれなどであることが明らかな場合は、原因を取り除きます。虫よけを塗って虫に刺されないように予防する、あるいはかぶれの原因になる物質に触れないようにするなどして、かゆみ症状が現れないようにします。

乾燥肌が原因でかゆみがある場合は、皮膚のバリア機能を正常に保つことがかゆみの予防にもなります。保湿ケアをして、バリア機能を回復させることが大切です。入浴後や皮膚の乾燥が気になったタイミングでこまめに保湿剤を塗って、保湿ケアする習慣を身につけましょう。部屋が乾燥する冬場やエアコン使用時は、加湿器を組み合わせるなどして湿度を適切に保つことも大切です。不規則な食事や睡眠習慣は、皮膚のバリア機能の回復を妨げるかもしれませんので、正しい食習慣と睡眠習慣を心がけ、皮膚本来のバリア機能を維持しましょう。

その他、皮膚への刺激がかゆみを引き起こすことがあります。綿素材などの皮膚への刺激の少ない衣服を選んだり、汗をかいたらこまめに拭き取ったりするなど、皮膚へのストレスが少ない生活を心がけましょう。紫外線を浴びすぎるのも、皮膚のバリア機能を低下させ、かゆみの原因になることがあります。外出時は日焼け止めを塗ったり、帽子・日傘を活用したりして、紫外線から皮膚を守るようにしましょう。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ