とびひ(伝染性膿痂疹)の症状・治療法【症例画像】

とびひとは

  • 「とびひ」は細菌による皮膚の感染症の俗名で、医学用語では伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といいます。
  • ブドウ球菌などの細菌が、引っ掻き傷や、アトピー性皮膚炎などで肌のバリア機能が低下した箇所から侵入し、皮膚の表面にある表皮で繁殖することで発生します。
  • 感染したところに水ぶくれ、びらんが発生し、浸出液が固まってかさぶたができます。
  • 感染力が強く、患部に触れた手で他の部位を引っ掻いたりすると、火事の「飛び火」のように別の部位に症状が広がることから「とびひ」と呼ばれています。
  • 「伝染性」という名の通り、手指を介した接触などによって他人に感染することがあります。

痂皮性のとびひ(かさぶたができる)

水疱性のとびひ(水ぶくれができる)


症例画像を鮮明にする

※ボタンを押下することで症例画像が切り替わります。

原因

  • 健康な皮膚は、肌のバリア機能によって細菌から守られていますが、虫刺され、汗疹、湿疹などによる、強いかゆみのために皮膚を掻き壊したり、アトピー性皮膚炎などによって皮膚のバリア機能が低下したりすると、そこから細菌が入り込み、繁殖することによって発症します。
  • 原因菌は、黄色ブドウ球菌もしくは溶血性連鎖球菌(溶連菌)です。潜伏期間はおよそ2~10日ですが、細菌の量や皮膚の状態によってさまざまです。
  • 患部を触った手指で、身体の他の部位を掻いたりすると、そこに新たな感染が起きて病巣が広がっていきます。
  • 感染力が強く、患部を触った手指を介して、他人に感染することもあります。

症状

  • とびひには、幼児期に多い水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)と、幅広い年代に発症する痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の2つの種類があります。
    1. 水疱性膿痂疹…黄色ブドウ球菌によって起きます。幼児期に多く、梅雨~夏場にかけて保育園などで集団発生することがあります。皮膚の中で繁殖した黄色ブドウ球菌が出す毒素によって、かゆみのある小さな水ぶくれができます。水ぶくれは数日で大きくなり、簡単に潰れてジュクジュクした傷になります。水ぶくれの中の浸出液には、たくさんの黄色ブドウ球菌が含まれており、これが引っ掻き傷やバリア機能の低下した皮膚に付着して、感染が広がっていきます。
    2. 痂皮性膿痂疹…主に溶連菌によって起きます。年齢や季節を問わず、突然発症します。はじめは小さな赤い腫れが次第に痛みのある膿疱(膿の入ったできもの)になり、さらにそこへ黄色味を帯びた厚い痂疲(かさぶた)ができます。炎症が強く、患部近くのリンパ節が腫れて痛んだり、発熱や頭痛、のどの痛みなどの全身症状が出たりすることもあります。

治療・予防法

とびひかな?と思ったら病院へ

  • とびひは、病院での治療が必要です。放置していると感染が広がり、ひどいと全身に影響を及ぼすような重篤な病気に進展することもあるため、かならず医師の診察を受けましょう。

とびひになったら気をつけること

  • とびひになったら、まずは皮膚を清潔に保つことが大切です。また、とびひは感染力が強いため、病巣を広げたり、他の人にうつしてしまったりしないように、感染対策をとることが重要です。

家庭での注意点

    • 患部を清潔に保つためにも、発熱などの症状が無い限りは毎日シャワーをしましょう。兄弟姉妹がいる場合、浴槽を共有すると感染してしまうリスクがあるため、症状が出ている間は湯船の使用は避けてシャワーだけにしましょう。
    • シャワーの時は、水ぶくれやかさぶたをこすったりせず、石鹸の泡でやさしく洗いましょう。
    • 使用済みのタオルや衣類を介して感染することもあるので、家族間での共有は控えましょう。ただし、洗濯については分けて洗う必要はなく、一緒で構いません。
    • シャワー後は、滲出液や膿が周りに付着するのを防ぐために、病院で処方された外用剤を塗ってから患部を清潔なガーゼで覆います。ただし、密閉性の高い絆創膏などは、蒸れて細菌の温床になってしまうので厳禁です。

保育園・学校での注意点

    • とびひは、学校保健安全法という法律で「学校感染症第三種(その他の感染症)」に定められています。そのため、登園・登校してもよいかどうかは、医師・園・学校と情報を共有し、相談して判断します。
    • 登園・登校する場合は、感染予防の処置として、患部を清潔なガーゼで覆う必要があります。身体の接触や患部を触った手指を介して、他の子どもにうつってしまうことがあるので、子ども同士の触れ合いに注意しましょう。
    • 症状のある間は、プールに入ることはできません。プールの水を介して他の人にうつることはありませんが、身体が触れることでうつるリスクがあるからです。

予防法

  • とびひを予防するには、まず皮膚や手指を清潔に保ち、皮膚を傷付けないことが大切です。とはいえ、小さい子どもの場合は、無意識に皮膚を掻きむしったりしてしまいがちです。日頃の子育てを通して、周りの大人が子どもたちへの教育やケアをしましょう。
  • 虫刺されや湿疹、汗疹など、かゆみの強い皮膚の炎症が起きた時は、掻き壊すことによって細菌に感染するリスクが高くなります。ステロイド外用剤を使ってすみやかにかゆみを抑え、掻き壊しを防ぎましょう。
  • 普段から爪を短く整えましょう。爪が伸びていると、爪の間に細菌が繁殖しやすく、少し掻いただけでも皮膚を傷付けてしまうからです。
  • アトピー性皮膚炎や乾燥肌(ドライスキン)のある人は、肌のバリア機能が低下して、とびひにかかるリスクが高くなります。アトピー性皮膚炎の場合は、医師の指導のもと、病気そのものの治療をしっかりと行うことが大切です。乾燥肌の場合は保湿を心がけ、肌のバリア機能を回復させることが大切です。

 

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

関連記事

\他にも読まれている関連記事をご紹介/

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ