腕の湿疹・ぶつぶつの原因と対処・治療法

腕の皮ふトラブルには「かゆみをともなう赤いぶつぶつができる」「小さなぶつぶつや水ぶくれがたくさんできる」などの症状があります。

腕にかゆみがある場合、知らずしらずにかいてしまい痕が残ってしまうことも多いため、原因を知って早めに対処することが大切です。

考えられる皮膚トラブル

虫刺され

吸血性の蚊、ノミ、ブユ、ダニや、毒をもったハチ、アブ、クモ、毒蛾、毛虫などに刺されることで、皮膚に炎症を起こします。

アトピー性皮膚炎

左右対称にひじやひざの内側にできるのが特徴です。ひどくなると全身に広がります。
年齢(乳児期、幼小児期・学童期、思春期・成人期)によってできやすい部位や症状が変化します。多くは思春期前に軽快しますが、10~20%は成人後も継続します。
乳児期では頬にジュクジュクした発疹がでて顔全体に広がり、さらに体や手足にも広がります。
年齢とともに慢性化して、皮膚が厚くなり、粗くカサカサになった状態になります。強いかゆみを伴います。
季節的には、夏にジュクジュクし、冬は乾燥してカサカサする傾向があります。

接触皮膚炎

一般的には「かぶれ」と呼ばれています。
刺激の強いものに触れると誰にでも起こる「一次刺激性接触皮膚炎」と、アレルギーとして起こる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。
かぶれた場所がかゆくなり、だんだん赤くなってきます。
小さなブツブツや水ぶくれができたりします。

指・手・腕の皮膚トラブルの対処・治療法

手の皮膚トラブルは、原因が排除できず長期化、慢性化するケースが多くみられます。

また、「手荒れはハンドクリームで治る」という誤った認識や「手荒れぐらいでステロイド剤を使うのは怖い」とのイメージもその要因の1つ。
かゆい、赤い、ブツブツといった症状は炎症なので、ステロイド外用剤を使用して一気に治すことが大切です。
炎症を抑えてから、保湿クリームなどで再発を予防しましょう。

治療にあたっての注意

  • ステロイド外用剤は、年齢に合った強さ(ランク)のものを使用してください。ランクの低い薬を長期間使い続けることは、症状を長引かせ連用することにつながります。
  • 患部以外や予防目的には使わないようにしましょう。
  • 1週間で改善しない場合や症状が悪化したときは、炎症ではない別の疾患や原因が除去できていないことが考えられるので、その場合はお医者さんの診察を受けましょう。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ