しもやけの症状・治療法【症例画像】

しもやけとは

しもやけの症例画像


症例画像を鮮明にする

※ボタンを押下することで症例画像が切り替わります。

  • しもやけ(霜焼け)とは、寒さによる血行障害によって起きる皮膚病で、しもばれ(霜腫れ)、しもくち(霜朽ち)とも呼ばれることもあります。医学的には凍瘡(とうそう)と言います。
  • 寒暖差が激しい環境にいることで、毛細血管の血流が悪くなり、手先、足先、ほほや耳たぶなどが赤紫色になり、腫れあがります。
  • 強いかゆみやジンジンするような痛みを伴い、入浴や暖房などの温熱刺激によってかゆみが強くなる特徴があります。
  • ひどいしもやけでは、水ぶくれや潰瘍ができることもあります。
  • 子どもに多い皮膚病ですが、大人が発症することもあります。

原因

  • しもやけは、急激な温度差刺激により、身体の末端の血流が異常をきたすことで発症する病気です。
  • 私たちの身体は、寒い環境にいる時は手足の血管を収縮させて体温を保持し、逆に暖かい環境にいる時は手足の血管を拡張して熱を逃がすようにして、体温を調節しています。ところが、「寒さ」と「暖かさ」の刺激を繰り返し受け、血管の収縮・拡張が繰り返されるうちに、血液が正常に流れなくなり、皮膚に炎症が起きます。
  • しもやけは、一日をとおして気温の低い厳冬よりも、晩秋から冬のはじめや春先など、寒暖差の激しい季節に起こりやすいと言われています。特に1日の気温差が10℃以上になる時期に発症しやすくなります。
  • 手足が濡れたまま過ごしたり、蒸れた靴下や手袋をつけたりしていると、水分の蒸発に伴って皮膚が急に冷やされ、しもやけを発症することがあります。
  • 同じ環境にいても、しもやけを発症する人と、しない人がおり、遺伝的な要因も関係していると考えられています。
  • 暖房設備の充実や、衣類の防寒機能の向上など、生活環境の改善によって現代ではあまり見られない病気です。

症状

  • 繰り返し寒冷刺激を受けた部位が赤くなって腫れあがります。
  • ひどくなると皮膚が赤紫色~暗紫色にみえることがあり、水ぶくれや潰瘍がたくさんできることもあります。
  • 強いかゆみや痛みを感じ、温めるとかゆみが増強する特徴があります。
  • しもやけになりやすいのは、手指・足指・頬・耳など、毛細血管が多く、外気にさらされて冷えやすい末端部分です。

  • 症状の出かたには、2つのタイプがあります。

①「樽柿型(たるがきがた)」…指や手全体が熟れた柿のように赤く腫れあがるタイプ。子どもによく見られます。

②「多型滲出性紅斑型(たけいしんしゅつせいこうはんがた)」…指や手全体に赤いブツブツやむくみ、水ぶくれなどがたくさんできるタイプ。子どもよりも大人に見られます。

  • しもやけに似た症状は、ひびやあかぎれ、凍傷(とうしょう)によっても見られることがありますが、これらはしもやけとは発症メカニズムが全く異なります。ひびやあかぎれは、肌のひどい乾燥によって、皮膚のバリア機能が低下することで起きる肌トラブルであり、一方凍傷は、氷点下になるような状況の中で、皮膚の組織が凍って壊死する病気です。
  • その他、洗剤や薬品による接触皮膚炎(かぶれ)をしもやけと混同している場合もあります。
  • しもやけの症状を何度も繰り返していたり、季節を問わず症状が出る場合は、別の病気が関係していることもあります。特に女性の場合、ごく稀に免疫疾患によってしもやけのような症状が出るケースもあるため、おかしいなと思ったら、医療機関を受診しましょう。

治療・予防法

治療法

  • かゆみや痛み、腫れなどの炎症症状に対しては、ステロイド外用剤を塗って治療します。
  • 血流障害に対しては、血管拡張作用のあるビタミンEの外用剤を塗ったり、患部を保温しながらマッサージを行い、血液の流れを改善します。
  • 毎年しもやけを発症していたり、治りが悪い時は、医療機関での内服治療を受けることも可能です。

予防法

  • しもやけは予防が最も大切です。寒い時期の外出時は、厚手の手袋や靴下、マスク、帽子などの防寒具を活用し、寒冷刺激から身を守りましょう。
  • 身体が冷えた時は、早めにカイロで温めたり、衣服を調節して保温を心がけることも大切です。
  • 手足が濡れたまま放置すると、しもやけを発症しやすくなります。濡れたらその都度水分をふき取る、衣服を取り換えるなどの対策をしましょう。
  • 治療法でも紹介した、保温しながらのマッサージは、しもやけの予防法としても有効です。ビタミンEを含む保湿クリームを使って、マッサージするとよいでしょう。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ