“医療基準”のヒフノコト情報

赤ちゃんの肌のカサカサ、ジュクジュク…。乳児脂漏性湿疹のケア方法

この記事でわかること

    • 生後1〜2か月に見られる「乳児脂漏性湿疹」って?
    • 乳児脂漏性湿疹は悪化する? ベストな治療法は?
    • 自宅では何ができる? 乳児脂漏性皮膚炎の正しいケア方法

ツルツル、フワフワだった赤ちゃんのお肌が、カサカサやブツブツになってしまった……! そんなことがあると、ママも不安になってしまうもの。
原因を調べてもよくわからない赤ちゃんの肌荒れ、もしかしたら「乳児脂漏性湿疹」かもしれません。

乳児脂漏性湿疹のケア方法

生後1〜2か月に見られる「乳児脂漏性湿疹」って?

「乳児脂漏性湿疹」は、生後1〜2か月ごろの赤ちゃんがかかる病気。黄みがかったカサブタができたり、カサカサになったりします。場合によっては、かゆみが生じることも。

髪の生え際など頭に発症することが大半で、顔や胸など皮脂が多い部位と、脇の下などこすれやすい部位にも好発します。

この原因のひとつとして考えられるのが、お母さんから受け継いだホルモンによって皮脂分泌が盛んになること。また、大人の脂漏性湿疹と同じように、皮脂を好む「マラセチア」と呼ばれる皮膚に常在する真菌が原因とも考えられています。

なお、同じように赤ちゃんがかかりやすく、似たような症状の病気として挙げられるのが、乳児湿疹。
こちらは蒸れやすい首や足首のほか、食べ物が付着したり抱っこでこすれたりして刺激を受けやすく、乾きがちな頬や顎にできるのが一般的です。

生後1〜2か月に見られる「乳児脂漏性湿疹」って?

乳児脂漏性湿疹は悪化する? ベストな治療法は?

たいていの場合、乳児脂漏性湿疹は自然に治るもの。シャンプーをするうちにカサブタがはがれ落ち、いつの間にかキレイになっていたりします。
そのため、皮膚科を受診しても保湿剤の処方で様子を見ることが多いです。

一方で、悪化する可能性もゼロではありません。かゆみがひどくなるため、かきこわして、赤くジュクジュクしてしまうことも。皮膚科では、悪化させずに素早く治すために弱めのステロイド外用薬が使われることが多くなります。処方される薬は、髪がある部分に使いやすいローションタイプが一般的。

なお、このジュクジュクが広範囲にわたる場合は、頭部白癬(頭の水虫)やとびひ(細菌感染)なども疑われます。他の病気という可能性もあるので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

乳児脂漏性湿疹は悪化する? ベストな治療法は?

自宅では何ができる? 乳児脂漏性皮膚炎の正しいケア方法

乳児脂漏性皮膚炎を自宅でケアする場合、特別なことは必要ありません。毎日シャンプーをして、保湿をする程度で大丈夫。
シャンプーには真菌を殺すタイプもありますが、乳児向けのいつも使っているもので構いません。また、二度洗いをすると乾燥しやすいため、一度洗いで十分です。

かゆがっていたら、ステロイド外用薬を検討しても良いでしょう。赤ちゃんの肌には、市販の弱いランクのステロイドで、保湿作用が強い軟膏タイプがオススメです。

いずれにせよ珍しい病気ではなく、すぐに治ることが多いので過剰な心配は無用。
ただし、赤みを帯びた湿疹が出る、赤ちゃんがしょっちゅうかいている、範囲が広いといった場合は、できるだけ早めに皮膚科を受診してください。

乳児脂漏性皮膚炎の正しいケア方法

photo

池袋駅前のだ皮膚科 野田真史 先生

2020.03.30

小学生から高校生の時期、重いアトピー性皮膚炎に悩まされた経験から皮膚科医を志す。
2007年、東京大学医学部医学科を卒業。2014年、東京大学大学院医学系研究科卒業、医学博士を取得。
ニューヨーク州医師免許を取得し、ロックフェラー大学で診療・研究を行う。
2016年、東京大学医学部付属病院 皮膚科助教。2018年に池袋駅前のだ皮膚科を開院し、さまざまな皮膚トラブルの解決に努めている。

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます