皮脂欠乏性湿疹(乾燥湿疹)の症状・治療法【症例画像】

皮脂欠乏性湿疹の症例画像

ドライスキンによる掻き壊しの症例画像


症例画像を鮮明にする

※ボタンを押下することで症例画像が切り替わります。

症状の特徴

乾燥肌に炎症が加わって湿疹を生じた状態です。脚の外側や肘などによく起こり、強いかゆみを伴います。

また皮膚の表面が細かいシワになり、ひどくなるとさざ波状や網目状になり、亀裂および紅斑が見られます。

原因

乾燥肌でなくても、お風呂でのゴシゴシ洗い、頻繁な毛ぞりなどによって、皮脂が不足することでバリア機能が低下します。

その結果、アレルゲンや微生物が侵入しやすくなり、アレルギー反応や感染症を起こしやすくなります。

治療法、日常生活上の注意

保湿剤は皮膚を良い状態に保つことが目的なので、湿疹の治療には役に立ちません。
十分な効果のあるステロイド外用剤で炎症を抑えたあとに、その状態を保つために保湿剤を使ってください。

保湿剤とステロイド外用剤を一緒に使う場合は、湿疹のある部位にステロイド外用剤、その他のカサカサの部位に保湿剤を塗ってください。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

関連記事

\他にも読まれている関連記事をご紹介/

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ