【乾燥肌】の原因と改善方法。正しいスキンケア方法と生活習慣を見直して皮膚トラブルを防ごう

「肌がカサカサで粉をふいている…」「洗顔や入浴後に肌がつっぱる」「空気が乾燥する冬場は、身体中がかゆくなる…」など、そんな不快な皮膚の悩みの背景には、「乾燥肌」が関係しています。

なぜ、乾燥肌になってしまうのか、その原因やメカニズムを解説します。乾燥肌に悩んでいる方は、改善するための正しいスキンケア方法や皮膚トラブルを防ぐ生活習慣を知って、実践してください。

乾燥肌の原因と症状

乾燥肌とは、皮膚の皮脂や水分が不足して“皮膚が乾燥している状態”のことで、“ドライスキン”または“乾皮症(かんぴしょう)”とも呼ばれます。

乾燥肌の原因

乾燥肌は「皮膚のバリア機能の低下」と関連していると考えられています。皮膚のバリア機能とは、摩擦・アレルゲンなどの外的刺激や乾燥をブロックし、皮膚を守るための機能のことです。皮膚の一番外側にある角層(角質層)と、その表面を覆う皮脂膜がその役割を担っています。健康な皮膚が常にうるおいを保てるのは、この皮膚のバリア機能のおかげと考えられています。

ところが、乾燥肌の場合、皮膚のバリア機能の働きが弱まって皮膚の内部にうるおいを閉じ込めておくことができなくなり、どんどん乾燥が進みます。乾燥肌を放置していると、摩擦などの外的刺激がダイレクトに皮膚の内部に伝わるため、かゆみを感じる知覚神経も過敏になり、少しの外的刺激でもかゆみや湿疹などの皮膚トラブルを起こしやすくなります。

皮膚のバリア機能が低下する要因としては、もともとの体質や加齢による皮脂の減少が関わっていることもありますが、多くの場合は、皮膚の洗いすぎや日焼け、摩擦など、間違ったスキンケアによる皮脂膜・角層へのダメージが関係しています。

乾燥肌の症状

乾燥肌になると、全身のかさつきや、洗顔・入浴後のつっぱり、かゆみなどの不快感を覚えます。さらに乾燥が進むと、皮膚の見た目も変化し、ひじやひざ、すねなどを中心に、肌表面に細かいシワや亀裂ができたり、フケのような白い粉をふいたりするようになります。

乾燥肌の予防・改善方法

乾燥肌を予防・改善するには、皮膚のバリア機能を正常に維持することが大切です。規則正しい生活習慣と正しいスキンケア習慣を身に着け、乾燥に負けない皮膚を手に入れましょう。

すでに皮膚のバリア機能が低下し、乾燥肌の症状が出ている場合、日々の生活習慣の中に原因が隠れていることがあります。生活習慣やスキンケア習慣を見直して、その原因を取り除くことで、たいてい乾燥肌の症状は改善します。乾燥肌を予防・改善する上でのポイントを一つずつ確認しましょう。

乾燥肌を予防するスキンケア習慣

日々の間違ったスキンケアが、皮膚のバリア機能を低下させ、乾燥肌の原因になることもあります。例えば、洗浄力の強い石鹸・ボディーソープによる洗いすぎや、ナイロン製のボディータオルやスクラブ剤による身体の擦りすぎなどは、肌表面の皮脂膜や角層を傷つけてバリア機能を破壊し、乾燥肌を引き起こします。

入浴や洗顔時には、皮膚にやさしい洗浄成分の石鹸・ボディーソープを使用し、皮脂と皮膚のうるおいを守りましょう。手のひらであらかじめよく泡立ててから、泡でやさしく包むようにして洗うと皮膚への負担を軽減できます。熱いシャワーを浴びたり、熱い湯に長時間浸かったりする行為も皮膚に必要な皮脂を除去し、皮膚を乾燥させる原因となるため、避けましょう。

入浴・洗顔後は、保湿剤などで保湿ケアをすることも大切です。清潔なタオルで水分をやさしく拭き取ったら、すぐに保湿剤を塗り、乾燥から皮膚を守りましょう。

生活習慣の見直し

健康な皮膚は正しい睡眠リズム・食生活・運動習慣によって作られます。一度、日々の生活習慣を見直しましょう。まず、基本となるのが充分な睡眠です。睡眠は日中の疲労を回復させるだけでなく、紫外線や摩擦などによってダメージを受けた皮膚の細胞を修復する大切な時間です。夜更かしや睡眠不足が続くと、皮膚の修復が追いつかず、バリア機能を正常に保てなくなるため、注意しましょう。

皮膚のバリア機能を正常に維持するためには、規則正しい食生活も大切です。特に、皮膚の修復には、タンパク質やビタミン・ミネラル類が必要ですが、現代人はこれらの栄養素が不足しがちです。肉などの主菜と野菜を使った副菜がそろったバランスのよい食事を心がけ、栄養素をしっかり摂取してください。

紫外線対策

適度に紫外線を浴びることは、私たちの健康にとってよい働きをしますが、大量に浴びると、皮膚の細胞を傷つけてシミ・シワの原因になったり、バリア機能を低下させたり、肌荒れ・乾燥肌を引き起こしたりします。紫外線は真夏以外でも、常に地上に降り注いでいます。外出する際は日焼け止めを塗って紫外線から皮膚を守りましょう。特に、日差しの強い春先から夏場は、日焼け止めだけでなく、日傘や帽子、長袖の羽織物などを活用して、皮膚に直射日光を浴びないように工夫しましょう。

住環境の改善

乾燥した空間で過ごしていると、皮膚の表面から水分が逃げだす量も多くなり、皮膚の乾燥が進みます。外気が乾燥する冬場やエアコンを使用している時は部屋の中も乾燥するため、加湿器などを活用してください。

乾燥肌の治療法

乾燥肌の治療の基本は「保湿」です。乾燥肌を予防・改善する生活習慣を実践し、保湿剤による保湿ケアを行うことで、ほとんどの乾燥肌は改善します。

入浴や洗顔、手洗いの後や乾燥が気になる時にはこまめに保湿剤を塗ってケアをしましょう。保湿剤は、塗った後にしっとりとするぐらいの量を使用することが大切です。保湿剤には、クリーム状、やや固めのテクスチャーの軟膏状、さっぱりした使い心地の乳液状など、さまざまな剤形があるため、季節や使う人の好みに合うものを選びましょう。

通常、乾燥肌の症状は、保湿ケアで改善しますが、乾燥肌によるダメージから、赤み・かゆみなどの湿疹の症状が出てきた部位には、市販のステロイド外用剤を使用し、炎症を抑える治療をします。ステロイド外用剤を使用する際は、充分な強さのステロイド外用剤を、定められた用量で使用することが大切です。大人であればストロングランクのステロイド外用剤を、子どもであればマイルドランクのステロイド外用剤を選びましょう。

ステロイド外用剤は、口径5mmチューブから、大人の人差し指の第一関節の長さ程度に絞り出した量を、手のひら2枚分の面積に塗り広げるのが適量です。ステロイド外用剤を正しく使用し、かゆみや赤みなどの症状がなくなったら、塗るのを止めましょう。

乾燥肌で病院に行く目安

皮膚が極度に乾燥している、我慢できないような激しいかゆみがある、身体の広範囲にかゆみ・赤みなどの症状が出ている時は、医療機関を受診してください。患部が手のひら2~3枚分を超える場合は、OTC医薬品を使って自分で治療することはできないため、医師に相談しましょう。

その他、ステロイド外用剤を5~6日間使用しても症状が改善しない場合や悪化している場合、同じような症状を何度も繰り返すといった場合も、医療機関を受診してください。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ