コロナ予防で手荒れが悪化!手洗いや消毒による手荒れ・あかぎれの対処法

新型コロナウイルスへの感染拡大防止策のひとつとして重要な手指の消毒。
これまで以上に、こまめな手洗いやアルコール消毒をするようになり、手荒れ・あかぎれなどの肌トラブルを抱える人が増えています。
手荒れを放置していると、症状が悪化して炎症を伴うあかぎれや湿疹へと進行し、ヒリヒリした痛みやかゆみが出ることがあります。
手荒れが悪化してしまったときの対処法と、肌トラブルを防ぐ手洗いの方法についてお伝えします。

手洗いや消毒で手荒れが起きるメカニズム

健康な皮膚は、皮膚表面の角層(角質層)と、それを覆う皮脂のコーティングによって、皮膚の水分を逃がさないようにし、みずみずしさを保っています。この働きは、「皮膚のバリア機能」と呼ばれ、皮膚の潤いを保つだけでなく、細菌やアレルゲンなどの外敵の侵入を防ぐ役割も持っています。
しかし、手洗いや、アルコール消毒を繰り返すと、肌表面のバリア機能が低下し、皮膚から水分が抜け出てしまうようになります。

特にアルコールは、新型コロナウイルスの表面にある「脂肪の膜(エンベロープ)」を破壊し、ウイルスにダメージを与える働きを持っています。しかしその一方で、アルコールの持つこの働きは、ウイルスのエンベロープだけでなく、私たちの肌の皮脂膜も溶かして除去してしまうのです。特に高濃度のアルコール消毒液の場合は、ウイルスを無毒化させる効果が期待できる反面、皮膚の油分を奪うリスクも高くなります。
また、手洗い時の石けんの洗い残しや、擦り洗い、ハンカチ・タオルでゴシゴシと擦るなどの習慣も、角層を傷つけ、バリア機能の低下を招きます。

バリア機能が低下すると、皮膚の中に水分を保つことができなくなるため、皮膚はカサカサし、いわゆる「手荒れ」と呼ばれる状態になります。さらに手荒れが進むと、乾燥部位に深い亀裂やひび割れが起きる「あかぎれ」と呼ばれる状態になることもあります。

また、外出自粛の影響によって家庭内での洗い物が増え、洗剤を使用する機会が多くなったという人は、注意が必要です。手荒れが悪化すると、外部刺激に肌が敏感になるため、「手湿疹」へと進行することがあります。手湿疹とは、手にできる湿疹の総称で、手や指にかゆみやヒリヒリを伴うブツブツができたり、皮膚が赤くなったりします。

水仕事による手湿疹の症例画像

洗剤かぶれの症例画像


症例画像を鮮明にする

※ボタンを押下することで症例画像が切り替わります。

手湿疹の症状の出方や原因は様々ですが、手荒れから手湿疹へと進行するきっかけのほとんどは、洗剤等の刺激によって皮膚がかぶれる「接触皮膚炎」によるものです。乾燥肌や手荒れの状態では、物理的刺激や薬剤に対するバリア機能が弱体化し、肌が敏感になるため、接触皮膚炎などの肌トラブルを起こしやすくなるのです。

手荒れがひどくなってしまったら

手が何となくカサカサしている程度の手荒れであれば、保湿剤やハンドクリームによるスキンケアで回復することもあるのですが、ひどい手荒れにはOTC医薬品などを活用してきちんと治療する必要があります。

ひどい手荒れでは、手の乾燥が進んで手指にヒリヒリしたかゆみ・痛みがでてきたり、赤みやブツブツなどの手湿疹の症状が出てくることがあります。これらの症状は、手荒れが進行して皮膚に炎症が起きているサインです。このような炎症症状が出てしまったときは、ステロイド外用剤で炎症を抑える治療が必要です。充分な強さのステロイド外用剤を使ってすみやかに症状を抑えましょう。

また、手の甲や指の関節部分などは皮膚に亀裂が入って、いわゆるあかぎれのような状態になることもあります。傷になった部分や出血している部分には、抗菌剤を塗って治療するなど、部位ごとに治療薬を使い分けるとよいでしょう。

ステロイド外用剤による治療によって、炎症症状が治まり、皮膚が正常な状態へと一旦回復したら、保湿剤によるスキンケアを習慣づけ、肌のバリア機能を維持していくことが大切です。

こんなときは受診を

ステロイド外用剤を5~6日使用しても、かゆみや赤みなどの症状が改善しない、あるいは症状が悪化している場合は、何らかのアレルギーや他の病気が関係している可能性があります。自己判断せずに、早めに皮膚科を受診しましょう。

ウィズコロナ時代の手荒れケア

新型コロナウイルス対策として、こまめに手洗いやアルコール消毒を行う生活を続けていると、どうしても手荒れが起きやすくなってしまいます。手荒れを起こさないためには、これまで以上にスキンケアを意識する必要があります。

ウィズコロナ時代の手荒れを防ぐ2つのケア

手荒れを防ぐために大切なのは、「バリア機能を低下させてしまう習慣を避けること」と、「保湿を心がけて肌の皮脂・水分を逃がさないようにすること」の2つです。

①「バリア機能を低下させてしまう習慣を避ける」

・肌に直接触れるハンドソープやボディソープは洗浄力が強すぎるものを避け、皮脂の喪失を防ぐ

・水仕事の際は、ゴム手袋を使用して皮脂を守る

・素手で水仕事を行う場合は、皮脂を溶かしやすいお湯ではなく、なるべく常温の水を使用する

・お湯を使用する場合は温度を低めに設定し、なるべく短時間の使用を心がける

などの工夫をし、肌のバリア機能を守りましょう。ただし、ゴム手袋はむれやすく、長時間着用しているとかゆみが強くなることがあるので、注意しましょう。

②「保湿を心がけて肌の皮脂・水分を逃がさないようにする」

・保湿効果の高い尿素配合クリームや、ワセリン、シアバターなどの保湿剤でしっかり保湿する

・入浴や水仕事の後は、清潔なタオルで水分を取ってから、すぐに保湿剤を塗る

・気温が低く、空気が乾燥する冬場は、防寒用手袋を着用する

などの工夫をし、肌の皮脂や水分を逃がさないようにケアしましょう。

手洗い時の注意点

外出先から帰宅したときや、食事の前、公共交通機関を利用した後など、様々なシーンで手洗いを行う機会が増えています。

手洗いの際は、肌のバリア機能にダメージを与えないように工夫をし、手荒れなどの肌トラブルを防ぎましょう。

手洗いには、温水ではなく常温の水を使用します。温水は汚れがしっかり落ちる反面、皮脂も溶かして洗い流してしまうというデメリットがあります。日常的に温水で手を洗う習慣のある人は、注意しましょう。

石けんを使う場合は、手全体を泡でつつむようにやさしく洗い、角層を傷つけないことも大切です。

石けん成分のすすぎ残しも要注意です。接触皮膚炎などの皮膚トラブルの原因になるため、すすぎは充分に行うようにします。

手洗いが済んだら、清潔なタオルでやさしく押さえて、しっかり水分を拭き取ります。ゴシゴシと擦ってしまうと、角層が傷ついて乾燥しやすくなるので注意しましょう。

手洗い後、まだ肌がしっとりしている間に、保湿剤を使うと保湿効果が高まります。肌が乾いてしまう前に、できるだけ早いタイミングで保湿を行いましょう。

石けんがない場合や、皮膚に炎症があって石けんがしみる、という場合は、水だけで手洗いをするだけでも一定の効果があります。厚生労働省の情報によると、流水による15秒間の手洗いだけで、手指に付着したウイルスの数を100分の1に減らすことができるそうです。

アルコール消毒で、特に手荒れが起きやすい今、症状が現われたら早めに対処して悪化を防ぎ、ウィズコロナ時代を乗り切りましょう。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

関連記事

\他にも読まれている関連記事をご紹介/

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ