pagetop

息つく暇もなく帰宅… 
慣れない日常の中で思わぬトラブル!

病院に行きたい気持ちはあるけど…

その日のお風呂あと

掻きこわしてしまう前に、
早期の治療で
悪化のサイクルを断ち切ろう。

夏に特に増える、⾚み、かゆみ、ブツブツなどの⽪膚トラブル。
これらの症状は⾍、汗、唾液などの「外からの刺激」と、「体質などの内⾯的なこと」が影響しておこります。かゆみがガマンできない⾚ちゃんや⼦どもは掻きこわしてしまい、治療期間が⻑引くだけでなく、キズあとが残ることも…。

弱いお薬で様⼦を⾒ていくのではなく、はやいうちにケアをしていくことが⼤切です。
症状が出始めた段階で充分な効き⽬のお薬を⽤いて、「かゆみのもと」からしっかり抑えましょう。
「コートfMD軟膏」「コートfAT軟膏・クリーム」は、優れた作⽤で”かゆみのもと”をすみやかに抑えて、症状を鎮めることができます。

おうちでケアできるから、
お外あそびも不安なく楽しめる

⾚ちゃんや⼦どもは⾓質細胞が未発達で、さらに⾓質層を覆う⽪脂も少ないため、バリア機能が低く、⾍さされ・汗や唾液・⿐汁・⾷べこぼし・気温の変化・⾐服によるこすれなどのちょっとした刺激に敏感で湿疹を起こしやすいです。
バリア機能が低いとお薬がよく浸透し、薬効が強くでます。

⾚ちゃん・⼦どもの敏感なお肌にお薬を正しく使⽤して、きちんと治しましょう。

患部に適量を、通常は1⽇2回、症状が重い場合は1⽇3回程度塗ってください。

<※適量とは?>
使用量の目安「フィンガーチップユニット」

⼝径5mmのチューブから⼤⼈の⼈差し指の第⼀関節の⻑さくらいを出した場合、⼤⼈の⼿のひら2枚くらいの広さに伸ばして塗ります。
これを⽬安として、患部の広さと⽐較して使⽤量を決めます。
※5gなど口径の小さいチューブの場合は多めに出して下さい。

症状がよくなってきたら、回数を減らしながら使いましょう!

赤ちゃんや子どもの皮膚に合った
成分のお薬を選びましょう

無⾹料、無着⾊、防腐剤フリーでデリケートな⾚ちゃんのお肌に適した外⽤剤です。

・患部についた細菌を殺菌する「イソプロピルメチルフェノール」配合
・症状の回復を早める「トコフェロノール酢酸エステル」配合
・ベタつかず使⽤感がよく、患部に塗りやすいクリームタイプも⽤意

⽪膚トラブルを避けては通れない、たくさん汗をかく夏の季節。
忙しくて病院にすぐには⾏けない。そんな時に薬箱に⼊っていると⼼強いですね。
おうちでサッとケアをして、
⾚ちゃんや⼦どもとの楽しい時間を増やしていきましょう︕

イラスト/わたなべこ

WEBでも購入できますご購入はこちら
ペートTOP