“医療基準”のヒフノコト情報

なかなか治らないおしりのかゆみ。スッキリ治す薬の使い方

この記事でわかること

    • 洗いすぎも原因に? おしりのブツブツの正体
    • 気になるブツブツを治してくれるのは、どんな薬?
    • かゆみにさようなら! キレイなおしりでいるためのポイント

おしりに生じるかゆみは、場所が場所だけにできれば病院へ行かずに治したいと思うもの。
特に肛門周辺ともなると、「どんな薬を選べばいいの?」という疑問や、「一体、何の病気…?」と不安な気持ちが倍増してしまいます。
そんなおしりのかゆみを、病院に行かなくても素早く治す方法はあるのでしょうか?

おしりのかゆみ、あなたは大丈夫?

実は悩んでいる人も! おしりのかゆみ、あなたは大丈夫?

下着でこすれたり、蒸れやすかったり…。意外と過酷な環境にあるのが、おしり。普段は目に入りにくい場所だけに、かゆみに気付いたときにはすでにブツブツができていた、なんてこともありがちです。

おしりには毛穴が多いため、刺激を受けて毛穴が詰まったり、毛穴の奥にある毛包が細菌に侵されたりといったことも多いもの。毛穴が赤、もしくは白のポツポツになっている場合は、こうした症状が疑われます。

さらに気持ちが沈むのは、患部が肛門付近の場合。ブツブツができるだけではなく、赤く荒れていることもあります。赤ちゃんの場合は拭く頻度が高いため、よりガサガサになりがち。

また、高齢などで常にオムツを着けている方も蒸れやすいことから、悪化して腫れや膿などを伴う症状が見られることは少なくありません。

洗いすぎも原因に?-おしりのブツブツの正体

洗いすぎも原因に? おしりのブツブツの正体

では、おしりのブツブツには、どのようなものがあるのでしょうか? 前述のように毛穴が赤や白のポツポツになっている場合、毛穴が詰まったためにできたニキビや、毛包に細菌が感染して炎症を起こす毛嚢炎(もうのうえん)が考えられます。

肛門付近の皮膚疾患では、下痢が続いたために荒れてしまったり、ブツブツやジュクジュクを引き起こしたりする肛門周囲の湿疹の可能性も。湿疹はかゆみを伴うものですが、同じような症状で原因が異なるのがカンジタです。
こちらは、カビの一種である真菌のカンジタが蒸れなどで増殖し、炎症を引き起こす病気。赤くガサガサした状態になり、かゆくなる点も湿疹と似ています。

こうした症状の原因のひとつとして考えられるのが、拭きすぎや洗いすぎ。
肛門をトイレットペーパーで強くこすったり、便座の温水洗浄機能で必要以上に洗ったりすることで保湿の成分が落ちてしまい、皮膚のバリア機能が低下してしまうので注意しましょう。

気になるブツブツを治してくれるのは、どんな薬?

気になるブツブツを治してくれるのは、どんな薬?

おしりのブツブツが毛嚢炎の場合、抗菌薬の塗り薬での治療が大半。市販薬でも抗生剤の塗り薬はありますが、ひどい場合は皮膚科の受診をおすすめします。

肛門付近が軽く荒れている程度なら、摩擦を抑えるためにワセリンを塗って保護することも。また、赤ちゃんのおむつかぶれには、ジュクジュクした状態を抑える酸化亜鉛を配合した軟膏なども市販されています。

このほか、肛門周辺の湿疹や掻痒症には、ステロイド外用薬が効果的。
かゆみが続いたり、かいて悪化してしまったりした場合も、しっかりとした効き目のある薬が必要なので、ステロイド外用薬をおすすめします。
「ステロイドは強い薬だから」と敬遠する人もいますが、用法・用量を守って使えば問題ありません。

一方、カンジタの場合はカンジタを殺す抗真菌薬を使いますが、市販薬では対処できないので皮膚科で真菌の検査を行ってから薬を処方してもらいましょう。ただし、痔の症状で痛がゆいなど、明らかに肛門の疾患であるなら肛門科を受診しましょう。

かゆみにさようなら! キレイなおしりでいるためのポイント

おしりのかゆみやブツブツが治まったら、その後はキレイなおしりをキープしたいもの。そのためには、座りっぱなしで蒸れることを避けたり、刺激の少ない素材の下着を着けたりするなど、生活習慣を見直すことも必要になります。

前述の通り、拭きすぎや洗いすぎなどにも注意しましょう。また、皮膚が乾燥していると刺激を受けやすくなるので、冬のように乾燥しがちな時期は保湿を心がけるのもおすすめです。

なお、おしりに限ったことではありませんが、かゆみを感じたときでもかくのは避けてください。かくことは炎症を悪化させ、症状を悪くしてしまうので、できる限りかかずに早めの対処を心がけましょう。

キレイなおしりでいるためのポイント

photo

池袋駅前のだ皮膚科 野田真史 先生

2020.03.30

小学生から高校生の時期、重いアトピー性皮膚炎に悩まされた経験から皮膚科医を志す。
2007年、東京大学医学部医学科を卒業。2014年、東京大学大学院医学系研究科卒業、医学博士を取得。
ニューヨーク州医師免許を取得し、ロックフェラー大学で診療・研究を行う。
2016年、東京大学医学部付属病院 皮膚科助教。2018年に池袋駅前のだ皮膚科を開院し、さまざまな皮膚トラブルの解決に努めている。

取り上げてほしい皮膚トラブルの
リクエストを募集しています。
(返信はいたしません)

※診断、治療に関するご相談はお受けできません
※サイト運営の参考にさせていただきます