アタマジラミの症状・治療法

症状の特徴

アタマジラミは保育園、幼稚園、低学年児童の頭髪に寄生し人の血を吸って生きている害虫で、季節を問わず頻繁に発生しています。
吸血されたあとは激しいかゆみに悩まされます。

原因

アタマジラミというと不潔の代名詞のように思いがちですが、衛生状態には関係なく、先進国でも今や感染が蔓延しています。

頭やからだをくっつけて遊んだり集団で昼寝をしたりすることが蔓延の原因となっています。

治療法、日常生活上の注意

アタマジラミ駆除専用のパウダーが市販されています。
卵を取り除くブラシとともに使用することで治癒します。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ