薬疹の症状・治療法

症状の特徴

薬が原因で起こる発疹です。軽症型と重症型があります。
抗生物質、消炎鎮痛剤などの服用時に多く見られます。

原因

大部分はアレルギーが原因と考えられています。

治療法、日常生活上の注意

軽症型は、原因薬剤を中止すれば治療をしなくても軽快しますが、重症型は予後が悪く全身的ケアを行う必要があります。

お医者さんにすぐ診てもらいましょう。

監修

帝京大学医学部皮膚科 名誉教授

渡辺晋一先生

1952年生まれ、山梨県出身。アトピー性皮膚炎治療・皮膚真菌症研究のスペシャリスト。その他湿疹・皮膚炎群や感染症、膠原病、良性・悪性腫瘍などにも詳しい。東京大学医学部卒業後、同大皮膚科医局長などを務め、85年より米国ハーバード大マサチューセッツ総合病院皮膚科へ留学。98年、帝京大学医学部皮膚科主任教授。2017年、帝京大学名誉教授。帝京大学医真菌研究センター特任教授。2019年、『学会では教えてくれない アトピー性皮膚炎の正しい治療法(日本医事新報社)』を執筆。

おすすめ記事

\正しく知ってしっかり治すセルフメディケーション/

他の症状を探す

他の症状を探す場合はこちらから

症状一覧ページへ